ツバメの巣に含まれるEGFとFGFの効果とは?皮膚に働きかける美肌成分

美巣のバナー

EGFとFGFという名前を聞いたことがありますでしょうか?美肌や育毛に効果があるとして医療分野でも注目されている成分ですが、実は天然のツバメの巣にも、EGFとFGFが含まれているのです。

ツバメの巣に含まれているEGFとFGFが、どれほどの効果をもたらしてくれるのかをご紹介します。

ツバメの巣とは

ツバメの巣は、高級品としてセレブや芸能人から愛される貴重な天然食品です。

希少性が高い上に、いままで感じたことがないほどの美容効果を実感できるため、多くの方が注目しています。

ツバメの巣

ツバメの巣エキスを抽出して、健康食品としても化粧品コスメとしても幅広く愛用されています。

そんなツバメの巣には、肌の成長と潤いに欠かすことのできないEGF(上皮細胞成長因子)とFGF(線維芽細胞増殖因子)という成分が豊富に含まれています。

上皮と真皮

伊藤メディカルクリニックより引用(http://www.ito-medical-clinic.com/)

少し難しいようにきこえますが、端的に表現すると2層構造に分かれている皮膚の「表皮に働きかけるのがEGF」であり、「真皮に働きかけるのがFGF」です。

次に、それぞれの美容効果をご紹介します。

ツバメの巣に含まれるEGF

EGFは皮膚の表面層の成長・再生・修復を活性化を担い、お肌に艶とハリを与える「ノーベル医学物理学賞を受賞した成分」です。

一般的にEGFは、20歳をピークに急激に減少し、40歳では約3分の1の量になると言われています。

健康な若者の肌の再生周期(ターンオーバー)は、約24日~28日間ですが、25歳を過ぎた場合には、28日から42日かかるというのもEGFが減少しているためです。

肌のターンオーバー周期

出典:CoCoRoプラセンタ(placentaya.com)

ターンオーバーが低下した肌は、お肌の世代交代(細胞の入れかわり)が遅くなるため、古い細胞・汚れがお肌の中に残ったままになってシミ・くすみの原因となります。

このEGFを補給することによって、加齢に伴って低下した肌のターンオーバーをを正常化できるため、ツバメの巣は重宝されております。

ツバメの巣に含まれるFGF

FGFは、真皮に存在するコラーゲン・ヒアルロン酸の活性化(成長と増殖)を担い、お肌に潤いと弾力、透明感を与えます

その結果として、ほうれい線や目元のシワ、くぼみの改善はもちろん、額・こめかみなどの「加齢のサインが出やすい部分」に若返りをもたらしてくれます。

このFGFは、アンチエイジングのために美容皮膚科でも利用されている若返り成分なであり、この成分が天然食品であるツバメの巣に含まれているのは驚きの事実です。

ツバメの巣コスメ・健康食品

天然100%アナツバメの巣をたっぷり使った美巣は、大地真央さんやIKKOさん、サエコさんなど多くの芸能人やセレブに愛用されているブランドです。

商品ラインナップも豊富で口コミ評価も高く、美肌効果を実感したい方にはおすすめです。

ツバメの巣コスメ・健康食品
大地真央 

ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に質問です!

写真の大地真央さんは何歳?

透明感のある美肌とスリムなスタイルをお持ちの大地真央さん。実は、こちらの写真の大地真央さんのご年齢は、還暦を迎えた61歳。宝塚時代から現在に至るまで、年齢を感じさせない美肌とスタイルには「誰も知らない秘密」があります。特別に、大地真央さんの美の秘訣を特別にお教えします。