エクオールは何歳から何歳まで(いつから・いつまで)飲むべき!?効果を発揮する年齢をご紹介

エクオールは、女性のホルモンバランスを正常化させる味方であり、更年期障害を緩和する大切な成分です。そんなエクオールは、「いつから」「いつまで」飲むのが良いのでしょうか。お金をかけすぎず最大限の効果を発揮させるための年齢についてご紹介します。

エクオールとは

エクオールは、女性ホルモンと似た働きをする物質であり、食べ物に含まれる大豆イソフラボンをもとに体内でつくられます。更年期の女性が悩まされる様々な身体や心の不具合の原因となる「女性ホルモンの低下」を、エクオールが補ってくれて更年期障害をやわらげる効果があります。NHK特番や「たけしの家庭の医学」などのテレビ番組や雑誌でも特集を組まれるなど、更年期の女性の間で話題の成分です。

エクオールの効果

  • 更年期症の緩和
  • 骨粗鬆症の予防と改善
  • 肌のシワを減らす美肌効果
  • 痩せる・ダイエット効果
  • 髪にハリ・コシを与える効果

つまり、エクオールは加齢に伴う女性の身体の乱れを改善して、健康で女性らしい身体づくりをサポートしてくれるのです。加齢に逆らうような美容・健康効果を与えてくれるため、エクオールは美魔女菌とも呼ばれています。

日本人の2人に1人はエクオールが作れない身体です。エクオールをつくれない場合は、エクオールサプリメントで補う必要があります。 

エクオールは誰もが体内で生成されるわけではありません。食べ物から摂取した大豆イソフラボンが、体内でエクオールという成分に変換できない方が、56%もいらっしゃるのです。つまり、2人に1人はエクオールを体内で作れません。

エクオールが作れる人は2人に1人

具体的には、食事から摂った大豆イソフラボンは腸から吸収されますが、そのときに、「腸内細菌によってエクオールという成分として吸収できる人」と「エクオールとして吸収できずに大豆イソフラボンのまま吸収されてしまう人」がいます。

  • エクオールを作れる人
    大豆イソフラボンを食べる→腸で吸収→エクオールに変換して吸収
  • エクオールを作れない人
    大豆イソフラボンを食べる→腸で吸収→エクオールに変換できない

エクオールを作れる人

エクオールを作れる人でも、エクオールサプリによる摂取は推奨されています。理由は、エクオールは体内に蓄積されず、1~2日でほとんどが身体の外にに排出されてしまいます。その一方で、毎日大豆イソフラボンを食べ続けるのは難しく、腸内環境の変化ではエクオールが作れなくなってしまうこともあるため、エクオール含有のサプリメントを活用することをオススメします。

エクオールを作れない人

エクオールを作れない人でも、エクオールのサプリメントを利用すれば、直接エクオールを摂取することができます。それと同時に、納豆や豆腐などの大豆食品を食べることを習慣化するのに加え、オリゴ糖、食物繊維などを多く摂取して腸内環境を整えることも重要です。

それでは、エクオールを飲むべき年齢は一体何歳のでしょうか。

エクオールを飲み始めるべき年齢

図のように、更年期といわれる40歳半ばから50歳半ばまでの間に女性ホルモンは大きく低下してホルモンバランスが崩れます。この女性ホルモンの急降下によって体調に不具合が生じやすくなるため、このホルモンバランスの崩れを補ってカバーしてくれるのエクオールを、40代から飲み始めるべきといえます。

女性ホルモンとゆらぎ世代(更年期)

もちろん、個人差がありますのでご自身の体調に合わせてエクオールを摂取いただきたいのですが、体調の悪化に実感がなくても予防のために対策しておくと良いでしょう。エクオールは、美肌効果もあるので一石二鳥といえます。

エクオールを飲み終えるべき年齢

エクオールを飲み終えるべき年齢に決まりはありません。女性ホルモンは加齢に伴って低下していくため、更年期障害・骨粗鬆症・肌のシワ対策などのためには、40代以降はエクオールを飲み続けることがおすすめです。女性ホルモンとゆらぎ世代(更年期)

飲み終える一つの目安としては、閉経後に女性ホルモンの低下が安定する60代です。ホルモンの急激な変化がないため、身体の体調悪化などは比較的緩和されると考えられます。

しかし、いつまでも女性らしく健康でいたい!という方は、エクオールで女性ホルモンの活動を補助することができるので、いつまでもエクオールサプリを摂取することをオススメします。

エクオールを飲んではいけない人

エクオールは年齢に関わらず、飲むことが推奨されていない方々がいらっしゃいます。エクオールサプリメントの摂取を検討されている方は、ぜひご確認ください。

妊娠中・授乳中の方

妊娠中や授乳中は、妊娠・出産・授乳に適したホルモンバランスへと変化します。
その際にエクオールを摂取して、ホルモンバランスを正常へ戻そうとしてしまうと、せっかく妊娠・出産・授乳に適した体になっていたのが崩れてしまいます。

15才未満の方

内閣府食品安全委員会によると乳幼児、小児には十分な人間での試験データがないため、大豆イソフラボンを日常の食生活に上乗せして摂取することは推奨できないとしています。

女性特有の持病をお持ちの方

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似たような働きをするため、ホルモンに影響を受けやすい状態の女性は摂取を避けた方がよいとされています。

 

  • 乳がん
  • 子宮がん
  • 卵巣がん
  • 子宮内膜症
  • 子宮筋腫など

大豆アレルギーをお持ちの方

エクオールサプリは、「サプリメント」なので食成分であり、基本的にそこまで副作用を心配しなくて良いのですが、大豆由来成分が配合されているので大豆アレルギーの方は注意が必要です。

エクオールを飲む前、もしくは飲んだ後に身体に合わない場合は、かかりつけのお医者さんに相談することをおすすめいたします。

年齢別のエクオール摂取の目安

20代まで

内閣府食品安全委員会によると15歳未満の方には、十分な人間での試験データがないため、大豆イソフラボンを日常の食生活に上乗せしてエクオールサプリを摂取することは推奨できないとしています。

そのため、20代に入るまではエクオールサプリの摂取を控えた方が無難と考えられます。

20代・30代

エクオールを作れる人の割合を年齢別に見てみると20代は2割程度しか作れないという報告があります。

年齢別エクオール生成

出典:http://ko-nenkilab.jp/

20代や30代は女性ホルモンの分泌は多いので無理してエクオールを摂取する必要はありませんが、健康状態によってホルモンバランスが崩れることもあります。

生理不順など女性特有の症状で悩まれている場合は、エクオールサプリの摂取を検討いただくと良いと思います。

40代・50代

更年期といわれる40歳半ばから50歳半ばまでの間に女性ホルモンは大きく低下してホルモンバランスが崩れます。この女性ホルモンの急降下によって体調に不具合が生じやすくなるため、このホルモンバランスの崩れを補ってカバーしてくれるのエクオールサプリを積極的に飲むことをオススメいたします。

60代以降

閉経後に女性ホルモンの低下が安定する60代です。ホルモンの急激な変化がないため、身体の体調悪化などは比較的緩和されると考えられます。

しかし、60代以降が女性ホルモンの分泌が人生の中で最も少なくなるのは事実です。いつまでも女性らしく健康でいたい!という方は、エクオールで女性ホルモンの活動を補助することができるので、60代以降であってもエクオールサプリを摂取することをオススメします。

エクオールの効果効能

  1. 更年期症の緩和
  2. 骨粗鬆症の予防と改善
  3. 肌のシワを減らす美肌効果
  4. 痩せる・ダイエット効果
  5. 髪にハリ・コシを与える効果

エクオールを摂取できるサプリメント

おすすめのエクオールサプリメント

「AMC エクオール + ラクトビオン酸」は、更年期治療専門医師とともにクリニックが開発したサプリ1日に補給すべきエクオール量10mgをしっかりと摂取することができる品質の高いエクオールサプリです。

さらに、エクオールの吸収をしっかりとサポートするラクトビオン酸もたっぷり150mg含まれているため、毎日定期的に飲むことで、女性ホルモンの低下による不調を感じさせない女性らしい身体づくりをしてくれます。

1日に約170円で毎日飲むことができるので、無理なく続けることができます。さらに、「AMC エクオール + ラクトビオン酸」は、統計研究所調べでエクオール人気サプリNO.1選ばれております。

AMC エクオール + ラクトビオン酸

 

  • 一日に必要とされるエクオール量10mgを摂取できる
  • エクオールの吸収をサポートする成分(ラクトビオン酸)も豊富
  • 更年期治療専門医師が監修していて安心・安全
  • 一日あたり約170円で定期購入も可能

 

大地真央 

ここまで読んでいただきありがとうございます。
最後に質問です!

写真の大地真央さんは何歳?

透明感のある美肌とスリムなスタイルをお持ちの大地真央さん。実は、こちらの写真の大地真央さんのご年齢は、還暦を迎えた61歳。宝塚時代から現在に至るまで、年齢を感じさせない美肌とスタイルには「誰も知らない秘密」があります。特別に、大地真央さんの美の秘訣を特別にお教えします。